FC2ブログ

イヌはなぜ、後足を高く上げて排尿するのか? 

決して「不要不急」ではないイヌの散歩にまつわる話をします。水を入れたペットボトルは、散歩の際の必携品ともいうべきものです。散歩中のイヌが好んで尿をかけるのが、民家の塀や電柱などです。特に、アスファルトとコンクリートに囲まれた都会では、尿が地面に染みこむことはありません。そこで飼い主は(公衆衛生上のマナーに従うなら)、イヌが膀胱を軽くするたびに、すばやくペットボトルを一押しして、イヌが汚したところを...
Read More

【ご連絡】「フラワーガーデンお散歩撮影会」ロケハンについて 

首都圏の新型コロナウィルスの感染拡大に伴う現下の状況を鑑み、3月下旬に予定していた「フラワーガーデンお散歩撮影会」のロケハンを見送ることになりました( ̄^ ̄)ゞ当面のあいだ事態の推移を注視していきたいと思います(・Д・)ノ          ...
Read More

なくてもあるものを探す能力 

八ヶ岳山麓の牧草地で育った兄弟犬のロンドとルイ。まもな9カ月齢を迎えようとするこの日は、長時間にわたり撮影に付き合わされて少々お疲れのご様子やにわに首都圏封鎖が囁かれる中、テレワークをしろ、とのお達しが出ましたね( ̄^ ̄)ゞ実際、東京には表に出てない感染者が相当数いると推断できます。というわけで、きょうはおとなしくほぼほぼ自宅待機と致しましたので、すこし長めにお話しします(#^.^#)先の記事「人目を盗む犬 ...
Read More

イヌの模倣能力は、 人とのコミュニケーションや 社会化にとっても鍵になる 

東京都内(郊外)で行なわれたジャーマン・シェパードのお散歩会で、くつろぐイヌたち模倣について、話を続けますね。そり犬や牧羊犬、麻薬探知犬など様々な分野で働くイヌたちの現場では、作業を学ばせるために、先輩のようすを見学させることは、ふつうに行なわれています。他のイヌを手本にすることで、仕事を覚える時間を大幅に短縮できることが、実験によっても証明されています。一例をあげましょう。7週齢の子イヌのグルー...
Read More

「見るだけ」で学ぶ 

前回に続きイヌの模倣についてお話します。きょうは私自身のちょっとした体験談をーー    5カ月齢の頃のルイ(右)とロンド(左)とウルフ(奥)の兄弟犬八ヶ岳山ろくの牧草地で育てたルイとロンドの兄弟犬は、拙著にも何度か登場しているので、このブログを読んでくださっている皆さんの中には馴染みの存在として認知されてる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの2頭には同腹のきょうだいがいて、その中に筆頭株とで...
Read More

犬はまねをして学ぶ 

ドイツ、ベルリンの郊外の公園。犬たちはノーリードで飼い主に寄り添うように歩いている。飼い主の手には、リードがたたまれているきょうは、イヌにとって生活の基本ともいえる散歩の話から始めます。日本では、「散歩はリードを付けてするもの」というのが当然視されていますが、海外に行くと、たとえばドイツのような国では、様相が異なります(上の写真)。そう言えば、(私的な体験で恐縮ですが)誕生時から寝食をともにするよ...
Read More

犬はなぜ、赤いボールを見失うのか? 

皆さんは、イヌとボール遊びをする際、何色のボールを使っていますか?緑の草地の中で「モッテコイごっこ」をしていると、人間の目でみれば極めてにわかりやすいところにボールがあるのに、イヌが見失ってまごついてしまうという場面に出会ったことはありませんか?心当たりのある方は、使ったボールの色を思い出してみてください。見失うときは(緑っぽい色でなければ)赤色のボールの場合が多いはずです。なぜイヌは「赤い」ボー...
Read More

犬の飼い主の皆さんへ 

いやはや、参りました。WHOが、ついにパンデミックを宣言しましたね。新型コロナは季節性では「ない」ということがはっきりしてきたようなので、これは長期戦になりますね。先日、香港でのイヌへの感染がニュースになりましたが、日本臨床獣医学フォーラムがコメントを出しています。これまでの香港での報告に限っていえば、感染はしているものの低レベルであり,症状は出ていないということです。ただ、この1例をもって「イヌに...
Read More

人目を盗む犬 

  先のトピック「算数のできる犬」で紹介したロッキーのようなイヌのふるまいからは、観察力の鋭さを実感します。ここでは、ロッキーが見せた特殊な能力は脇に置くとして、イヌを知る上で、この「観察力」を掘り下げてみることは大いに意味がありそうですね。イヌは幾世代ものあいだ、ヒトと生活することで人間の顔の表情やしぐさから情報を読みとる能力を手に入れました。イヌたちが優れた人間ウォッチャーであることは、イヌと...
Read More

結論:犬は少なくともヒトの幼児と同じくらいには算数ができると推断しても不自然ではない 

前々回で「賢馬ハンス」にまつわるエピソードを紹介し、前のコラムでは、イヌは簡単な足し算や引き算ができることを示唆する研究がある一方で、否定的な実験結果も報告されているという話をしました。(イヌの脳をスキャンしたら決着がつくんじゃないの?)と、ツッコミが入りそうなので、補足しておきます。そうなんです。同じことを考えたアメリカのエモリー大学の研究グループは、11匹のイヌの脳のスキャンを試みました。MRI(...
Read More